スポンサード リンク

福祉資格 勉強は通信講座で

福祉資格の勉強をするのに最も手っ取り早く手軽なのが通信講座です。独学で勉強するのもありですが、福祉資格は範囲が非常に広い資格もあります。独学で勉強して福祉資格に合格するのは非常に難しいのが現状です。

福祉、介護に対する需要、注目が高まっている今、福祉資格の通信講座のカリキュラムも非常に充実したものになってます。福祉資格は、同じ福祉系の資格を持っていたりすると試験の一部が免除されたりといったこともあるのですが、そういった面にも対応している講座も多くその人のスキルによって、講座の内容を変えられるようにもなってきています。

また通信講座の場合は講師のサポートを受けられるという大きなメリットはもちろん自分の好きなときに好きなだけ好きなペースで勉強できるという他にはない魅力があります。福祉資格の通信講座は、ユーキャンを始めいろいろなところがやっていますのでまずは資料請求をしてみるのがいいですね。複数の講座を見比べて、自分が福祉資格の勉強をするのに最も適した講座を見つけるのが良いです。資料請求自体は無料のところが多いので、まずは資料請求からはじめてみましょう♪

posted by 福祉資格 at 20:13 | 福祉資格

福祉資格 社会福祉士とは?

社会福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられている、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。福祉系の資格としては制定から20年近く立ちますのでかなり古くからある資格の一つですね。社会福祉士は身体・精神上の障害や環境上の理由から福祉サービスを必要とする人の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うのが主な仕事で、職場によりかなり仕事内容に違いがあるのも一つの特徴でしょうか。

社会福祉士の活躍の場は老人ホームや、デイサービスセンターなど高齢者施設病院に、地域包括支援センターなど非常に多いのですが、需要に対して社会福祉士の数が全然足りていないのが現状で多くの施設や事業所で資格取得を求められるようになっています。社会福祉士の受験には、高卒者は福祉系の実務経験4年、(大卒であれば実務経験なし)
があれば1年以上の厚生労働省指定養成施設を経て、年1回1月に実施される国家試験に合格すれば社会福祉士として登録することができます。
試験の合格率は約3割と比較的高めですね。

しかし、社会福祉士の試験は福祉資格の試験の中でも科目が13科目と幅広く独学での勉強は正直つらいです。試験形式は福祉住環境コーディネーターなど同じくマークシート式なので、合格のコツはいかに効率よく幅広い勉強ができるかですね。
posted by 福祉資格 at 14:06 | 福祉資格 社会福祉士

福祉資格 福祉住環境コーディネーターとは?

こちらの福祉資格も福祉や介護に対する需要が高まっている中で注目を集めている資格ですね。福祉住環境コーディネーターは高齢者や障害をお持ちの方にとって住みやすい住まいを提案します。家庭で生活することが難しい状況になっても、住み慣れた家でずっと暮らしていたいと
要望される方はたくさんいます。老人ホームや介護施設などで暮らすよりも住み慣れた家で暮らしていたい、これは今後の福祉、介護の世界でも重要な部分の一つでしょう。

福祉住環境コーディネーターは、そういった方と福祉と建築の架け橋となる福祉資格なんです。また、福祉住環境コーディネータは福祉の分野だけでなく建築分野でも威力を発揮する福祉資格です。福祉に対する需要が高まっている中建築業界でも福祉、介護分野を意識した建物が増えてきていますが、福祉住環境コーディネーターが工務店やリフォーム会社との窓口となって工事を進めたり、といった感じで活躍されている方もいるみたいです。

福祉住環境コーディネーターは受験のハードルが低いのも特徴の一つですね。他の福祉資格だと実務経験や大卒が条件であるものが多いんですがこの福祉資格は受験制限がありません。上記の通り福祉分野だけでなく建築の分野でも活躍が見込めることから人気も非常に高まっていますね。

福祉資格 ケアマネージャー

福祉の需要が高まっているのとともに福祉関係の資格にも注目が集まっています。特にケアマネージャーの資格については、介護保険制度を維持していく上でまさになくてはならない重要な福祉資格の一つです。
しかし福祉の需要が高まる一方でケアマネージャーはまだまだ不足しているのが現状です。今後介護保険制度を維持していくにはさらに有資格者の拡大が課題といえます。

というわけでケアマネージャーの試験とは一体どういうものなのでしょうか?ケアマネージャーの資格試験は、医療・福祉・保健分野の保有資格によって科目の免除がありますので医療や介護、福祉関連のお仕事をされている方にとって取りやすい福祉資格ですね。

ケアマネージャーの試験は年1回、10月に実施されます。基本的な流れとしては6〜8月までに願書提出、10月に試験となります。しかしこれで終わりというわけでなく、試験合格後、各都道府県で実施される実務研修課程を修了し、都道府県知事が作成する名簿に登録されることではれてケアマネージャーになれます♪

ケアマネージャーの試験内容は、ほとんどの都道府県でマークシート方式が採用されていますので論文だとか実技試験といったものは含まれておらず、合格率も過去3年で3割近くと比較的高くなっています。
posted by 福祉資格 at 22:24 | 福祉資格 ケアマネージャー

福祉資格とは?

高齢化社会が叫ばれてる今、福祉の需要は急激に拡大しています。少し前までは訪問介護サービスなんて誰に聞いても知ってるなんて状況ではなかったですからね。先日騒動になったコムスンなんかもここ4〜5年で急激に知名度を伸ばしていた感じですから。

拡大する福祉への需要に伴い、福祉に関する資格もかなり充実してきました。介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、福祉住環境コーディネーター精神保健福祉士、保育士、作業療養士、理学療養士など中には、ん?っと聞きなれない福祉資格も含まれていますね。

特にこれらの福祉資格の中で特に重要な部分を占める資格がケアマネージャーですね。この福祉資格もここ数年ですっかり浸透してきた感があります。ケアマネージャーは高齢社会を迎えつつある日本の高齢福祉の代表である介護保険制度の中核を担う資格です。介護保険制度は、ケアマネージャーがいなければ機能しません。それだけ重要な資格なんですね。しかし、現在ケアを必要としている人の数は何と400万人。まだまだ介護保険制度を利用するためのケアマネージャーは不足しているのが現状です。介護分野に参加する企業も増えてきていますし今後もますます需要が高まってくる福祉資格ではないかと思います。
posted by 福祉資格 at 14:38 | 福祉資格

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。