スポンサード リンク

福祉資格とは?

高齢化社会が叫ばれてる今、福祉の需要は急激に拡大しています。少し前までは訪問介護サービスなんて誰に聞いても知ってるなんて状況ではなかったですからね。先日騒動になったコムスンなんかもここ4〜5年で急激に知名度を伸ばしていた感じですから。

拡大する福祉への需要に伴い、福祉に関する資格もかなり充実してきました。介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、福祉住環境コーディネーター精神保健福祉士、保育士、作業療養士、理学療養士など中には、ん?っと聞きなれない福祉資格も含まれていますね。

特にこれらの福祉資格の中で特に重要な部分を占める資格がケアマネージャーですね。この福祉資格もここ数年ですっかり浸透してきた感があります。ケアマネージャーは高齢社会を迎えつつある日本の高齢福祉の代表である介護保険制度の中核を担う資格です。介護保険制度は、ケアマネージャーがいなければ機能しません。それだけ重要な資格なんですね。しかし、現在ケアを必要としている人の数は何と400万人。まだまだ介護保険制度を利用するためのケアマネージャーは不足しているのが現状です。介護分野に参加する企業も増えてきていますし今後もますます需要が高まってくる福祉資格ではないかと思います。
posted by 福祉資格 at 14:38 | 福祉資格

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。