スポンサード リンク

福祉資格 ケアマネージャー

福祉の需要が高まっているのとともに福祉関係の資格にも注目が集まっています。特にケアマネージャーの資格については、介護保険制度を維持していく上でまさになくてはならない重要な福祉資格の一つです。
しかし福祉の需要が高まる一方でケアマネージャーはまだまだ不足しているのが現状です。今後介護保険制度を維持していくにはさらに有資格者の拡大が課題といえます。

というわけでケアマネージャーの試験とは一体どういうものなのでしょうか?ケアマネージャーの資格試験は、医療・福祉・保健分野の保有資格によって科目の免除がありますので医療や介護、福祉関連のお仕事をされている方にとって取りやすい福祉資格ですね。

ケアマネージャーの試験は年1回、10月に実施されます。基本的な流れとしては6〜8月までに願書提出、10月に試験となります。しかしこれで終わりというわけでなく、試験合格後、各都道府県で実施される実務研修課程を修了し、都道府県知事が作成する名簿に登録されることではれてケアマネージャーになれます♪

ケアマネージャーの試験内容は、ほとんどの都道府県でマークシート方式が採用されていますので論文だとか実技試験といったものは含まれておらず、合格率も過去3年で3割近くと比較的高くなっています。
posted by 福祉資格 at 22:24 | 福祉資格 ケアマネージャー

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。