スポンサード リンク

福祉資格 社会福祉士とは?

社会福祉士とは「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられている、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。福祉系の資格としては制定から20年近く立ちますのでかなり古くからある資格の一つですね。社会福祉士は身体・精神上の障害や環境上の理由から福祉サービスを必要とする人の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うのが主な仕事で、職場によりかなり仕事内容に違いがあるのも一つの特徴でしょうか。

社会福祉士の活躍の場は老人ホームや、デイサービスセンターなど高齢者施設病院に、地域包括支援センターなど非常に多いのですが、需要に対して社会福祉士の数が全然足りていないのが現状で多くの施設や事業所で資格取得を求められるようになっています。社会福祉士の受験には、高卒者は福祉系の実務経験4年、(大卒であれば実務経験なし)
があれば1年以上の厚生労働省指定養成施設を経て、年1回1月に実施される国家試験に合格すれば社会福祉士として登録することができます。
試験の合格率は約3割と比較的高めですね。

しかし、社会福祉士の試験は福祉資格の試験の中でも科目が13科目と幅広く独学での勉強は正直つらいです。試験形式は福祉住環境コーディネーターなど同じくマークシート式なので、合格のコツはいかに効率よく幅広い勉強ができるかですね。
posted by 福祉資格 at 14:06 | 福祉資格 社会福祉士

検索順位チェックツールseo-R
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。